4人麻雀ルール

リベルクラブ 4人での麻雀ルールをご紹介しています。
サークルで楽しく麻雀をしていただくために大切なルールですので、一読お願いいたします。

★基礎★
・点数 25000持ち,30000返し,1本場(300)
・喰いタン有り
・後付け有り
・王牌(山)は常に14枚残し
・平和自摸有り ※20符2翻
・食い替え無し
・ドラ(裏ドラ カンドラ カン裏ドラ)
・ダブロン有り,トリプルロン有り※リーチ棒等は上家取り
・2翻縛り無し
・とび有り,とび賞無し
・千点未満でのリーチ無し
・30000点以上持っているプレイヤーがいない場合、西入
・供託点棒はアガリ取り  
・赤牌有り
・槍槓(チャンカン)あがり有り※槓ドラは増えない
・暗槓は即めくり,明槓は捨ててからめくる
・鳴きの優先順位はロン>ポン(カン)>チー
・同点時は4牌の引き合いで決着し強さの優先順位は東>南>西>北
・サイコロは自動卓の場合1度フリ,手積みの場合は2度フリ
・場決めは1半荘ごとに行い、白が東の場所と親決めのサイコロを振る

・流局で流れた場合も積み棒加算
・親のアガリ時連荘,流局聴牌時連荘
・親のアガリやめ有り
・ノーテン罰符は場に3000点
・形式テンパイ有り,空テンパイ有り,空テンリーチ有り
・途中流局一部有り(四風連打有り,九種九牌有り,四開槓有り,トリプルロン無し,四人リーチ無し)

・ツモ巡がまわってこない状況でのリーチ有り
・フリテンリーチあり※ロンアガリはできない
・ポン、チー、カンがあった時点で一発は消る
・ポン、チー、カンのない第1巡目のリーチはダブルリーチとなる
・半荘終了時点での、供託棒はトップ取りです
・手牌構成が変わらない時のみリーチ後の暗槓有り

・パオの適用を受けた場合、ツモアガリは責任払い、別の放銃者がいたら折半払いとなる
・パオの適用は、以下の3種類
A.大三元の三種類目の三元牌をポンさせた場合
B.大四喜の四種類目の風牌をポンさせた場合
C.四槓子の四種類目を大明槓させた場合

・有効役満は大三元・四暗刻・国士無双・字一色・緑一色・小四喜・大四喜・清老頭・四槓子・九蓮宝燈・天和・地和
・地和(チー、ポン、カンのない純粋な子の第1ツモであがった場合のみ)
・緑一色(發必須)
・役満は純粋な複合に限りダブル・トリプル等成立
・数え役満無し

・流し満貫有り(アガリ扱い)
・30符4翻(子7700点,親11600点)は満貫に切り上げ
・七対子の4枚使い無し

★チョンボ★
持ち点から12000点支払い(4000点オール)
親続行、積棒なし、その局のリーチ棒は返還

・誤ロン、誤ツモ(倒牌した場合)
・ノーテンリーチで流局した場合
・ゲーム続行を不可能にした場合(山を修復不能に崩す等)
・非リーチ時、見逃し同巡内のロン
・フリテンロン
・他人の牌や、壁牌を故意に覗いた場合
・リーチ後の暗槓の下記の4つ禁止ケースに当てはまる場合
A.待ち牌が変わってしまう暗槓
B.ツモった牌以外での暗槓(送り槓)
C.待ちの形が変わってしまう暗槓
D.アガリの形が変わってしまう暗槓

・その他、採用ルール違反によりゲーム続行不可の場合
※悪意が認められた場合や、イカサマ、サマ、裏芸する方は出禁処置

★和了放棄★
ノーテン扱いとなり、以後のポン・チー・カンはできない
・誤ロン、誤ツモ(発声のみ)
・多牌・少牌 
・裏ドラ、カンドラの先見
・食い替え
・先ツモ、正当でないツモをした場合
・食い仕掛けのさらし間違い
・空ポン・空チー・空カン
・四開槓テンパイ者がいる状況で5個目の槓(発声のみ)した場合
・その他、採用ルール違反により、ゲーム続行可能な場合

★厳重注意★
・アガリ放棄者の発声
・リーチの取消
・下家がツモった後のポン・チー・カン
・自分の牌を見せる行為やブラフ発言、解説および挑発等
・何度も長考

★その他★
・対局中の飲酒・喫煙は禁止

※初心者や初級者卓、中級者卓は、上記ルール(チョンボ,和了放棄,厳重注意)の限りではありません。
わからないことは教えながらプレイすることもありますし、許容範囲内であればそのまま続行します。
基本的にはゆるい感じで皆さん遊んでおりますのでご安心下さい(^^)